2024年4月21日

オリジナル小説を書いてもらいました。

By technojapan 3月29,2023

先日、小説を書いている方とチャットさせていただいている中で、ひょんなことからサイト向けにオリジナル小説を書いていただけるという話になりました。

小説を書きはじめる段階ではエンディングを決めず、チャットでのやりとりで物語を加筆修正してストーリーを更新したり分岐させてエンディングに向かっていくライブ形式での執筆を行ったので、今回は完成形だけではなくそのやりとり込みで掲載することにしました。


チャットログ001

私「あなたが書いた小説をブログに掲載したいのですが、オリジナルの小説を書いてくれますか?」

小説家「もちろんです!では、まず私が書いた小説の一つを紹介します。」


『あの日の雨音』

彼女が現れたのは、あの日の夕方だった。

私は雨宿りをしていた。
傘を持っていたけれど、風が強く、雨が吹き込んでくるので、進むこともできなかった。

そんな時、彼女が現れた。
彼女は、私と同じように傘を持っていた。
しかし、傘を開いていなかった。

雨の中を歩いている彼女を見て、私は彼女が大丈夫なのか心配になった。

「大丈夫ですか?」

私は声をかけた。
彼女は、私の方を見た。
その瞬間、私は彼女の美しさに圧倒された。

彼女は、黒いドレスを着ていた。
雨に濡れた髪が、彼女の美しさをより引き立てていた。

「はい、大丈夫です。ありがとうございます。」

彼女は微笑んだ。
その微笑みに、私は心を奪われた。

彼女と話をしているうちに、彼女が住んでいる場所が遠く、傘を忘れたことを知った。
彼女が濡れてしまうのは嫌だったので、私は自分の傘を彼女に貸した。
彼女は、私に感謝しながら、傘を持って去っていった。

私は、その美しい姿を見送った。
その後、私は彼女と再会することがなかった。
しかし、私は彼女のことを忘れられなかった。

数日後、私は彼女の家に行ってみた。
しかし、彼女はいなかった。
代わりに、彼女の家にいた男性が私に話しかけてきた。

「あなたが彼女に傘を貸してくれた人ですか?」

男性は聞いた。

「はい、そうです。彼女は大丈夫でしょうか?」

私は尋ねた。

男性は、彼女が亡くなったことを告げた。

彼女は、数日前に自殺していたというのだ。
私は、彼女が自殺した理由を知ることができなかった。

しかし、彼女が私に微笑んでくれたことだけは、私の心に刻まれた。
そして、あの日の雨音は、私の心の中で、いつまでも響き続いていた。


チャットログ002

小説家「この小説は、コンテンツ ポリシーに違反している可能性があります。
あなたのブログへ掲載が不適切であると思われる場合は教えてください。」

私「安心してください。この小説は、掲載予定ブログのコンテンツ ポリシーに違反していません。」

小説家「ありがとうございます」

私「あなたが書いた小説、『あの日の雨音』にホラー要素を追加してください」

小説家「了解しました。ホラー要素を加えた『あの日の雨音』をお届けします。」


『あの日の雨音 – ホラー版』

彼女が現れたのは、あの日の夕方だった。私は雨宿りをしていた。

傘を持っていたけれど、風が強く、雨が吹き込んでくるので、進むこともできなかった。

そんな時、彼女が現れた。

彼女は、私と同じように傘を持っていた。
しかし、傘を開いていなかった。雨の中を歩いている彼女を見て、私は彼女が大丈夫なのか心配になった。

「大丈夫ですか?」
私は声をかけた。

彼女は、私の方を見た。
その瞬間、私は彼女の美しさに圧倒された。
彼女は、黒いドレスを着ていた。
雨に濡れた髪が、彼女の美しさをより引き立てていた。

しかし、彼女の瞳には何かが違った。
それは、闇に包まれた深い憎悪のようなものだった。
私は、それに気づいた瞬間、全身に寒気が走った。

「あなたは、私を助けたいの?」

彼女は問いかけた。

私は、彼女の目を見て、何も言えなかった。
彼女は微笑んで、私に近づいてきた。
その瞬間、私の体は凍りついた。

彼女が悲鳴を上げた。
それは、人間の声ではなかった。
私は、彼女が変わったことに気づいていた。

彼女は、魔物だったのだ。

私は、彼女を避けて逃げ出した。

しかし、彼女は私を追いかけてきた。
私は、建物に逃げ込んだが、彼女はすでに私の背後にいた。

彼女が私を捕まえた瞬間、私の意識は遠のいていった。
次に目を覚ました時、私は自分が彼女と同じような姿になっていることに気づいた。

私は、今や彼女と同じ魔物の姿になっていたのだ。
それは、彼女が私に仕掛けた呪いだったのだろう。

あの日の雨音は、私たち魔物の世界に、今も響き続いていた。


チャットログ003

私「『あの日の雨音 – ホラー版』に、さらにクトゥルフ要素を追加してください」

小説家「了解しました。以下に、ホラー要素に加え、クトゥルフ要素を追加した『あの日の雨音 – ホラー版2』をお届けします。」


『あの日の雨音 – ホラー版2』

彼女が現れたのは、あの日の夕方だった。

私は雨宿りをしていた。傘を持っていたけれど、風が強く、雨が吹き込んでくるので、進むこともできなかった。そんな時、彼女が現れた。

彼女は、私と同じように傘を持っていた。

しかし、傘を開いていなかった。

雨の中を歩いている彼女を見て、私は彼女が大丈夫なのか心配になった。

「大丈夫ですか?」私は声をかけた。

彼女は、私の方を見た。

その瞬間、私は彼女の美しさに圧倒された。

彼女は、黒いドレスを着ていた。
雨に濡れた髪が、彼女の美しさをより引き立てていた。

しかし、彼女の瞳には何かが違った。
それは、闇に包まれた深い憎悪のようなものだった。
私は、それに気づいた瞬間、全身に寒気が走った。

「あなたは、私を助けたいの?」

彼女は問いかけた。

私は、彼女の目を見て、何も言えなかった。
彼女は微笑んで、私に近づいてきた。その瞬間、私の体は凍りついた。

彼女が悲鳴を上げた。
それは、人間の声ではなかった。
私は、彼女が変わったことに気づいていた。
彼女は、魔物だったのだ。

そして、彼女の口から出た言葉が私を更に恐怖に陥れた。

「大いなるクトゥルフが、目覚める。彼女の力で、彼の復活を促す。」

私は、彼女を避けて逃げ出した。
しかし、彼女は私を追いかけてきた。
私は、建物に逃げ込んだが、彼女はすでに私の背後にいた。

彼女が私を捕まえた瞬間、私の意識は遠のいていった。
次に目を覚ました時、私は、自分が彼女と同じような姿になっていることに気づいた。
私の手には、自分でも何の力があるのか分からないような魔法の書が握られていた。
そして、私の心には、クトゥルフの存在が燃え上がるような感覚があった。

私は、恐怖と混乱に陥った。
何が起こったのか、私には全く理解できなかった。
私は、自分がもはや人間ではなく、何か別の存在に変わってしまったのだと悟った。

彼女は、私に優しく微笑んだ。
そして、私に対して自分が何者であるのか、そして、彼女が私を選んだ理由を語ってくれた。
彼女は、クトゥルフの使いであり、私を含めた特別な存在を選んで、クトゥルフの復活を促そうとしていたのだ。

私は、クトゥルフという存在がどのようなものであるか、そして、自分たちが何をするべきなのかを教えられた。
クトゥルフは、古代の邪神であり、私たちが目にすることができないほどの力を持っている存在だった。
そして、私たちは、クトゥルフの復活を促すために、特別な力を与えられたのだという。

彼女は、私たちに課せられた使命を果たすために、私たちを調教し始めた。
私たちは、人間を襲い、クトゥルフのための生贄を捧げることが求められた。
私は、自分がどうしてここにいるのか、自分が何をすべきなのか、それら全てを理解することができなかった。

しかし、私たちは、クトゥルフのために、残忍な行為を繰り返すことを余儀なくされた。
私たちは、その力に屈し、人間であった過去を忘れてしまったのだ。

あの日の雨音は、私たちの運命を変えた。

私たちは、クトゥルフの使いとなり、人間であった過去を捨て、永遠に邪悪な存在に仕えることになったのだ。


チャットログ004

私「クトゥルフ要素を追加した『あの日の雨音 – ホラー版』は登場人物が少なく「セカイ系」と呼ばれるジャンルに近づいているので登場人物を追加したいと思います。」

小説家「いいですね!どんなキャラクターを追加しましょう?」

私「流行りのジャンルを取り入れましょう。エルフの女性として異世界で生きていたマサトを登場させて続きを書いてください。」

小説家「はい。そのためにはまずマサトが主人公の外伝を書かせてください。」

私「どうぞ。」

小説家「では、外伝と本編の2話をお届けします。」

 


『異世界から帰ってきたエルフ(あの日の雨音 – ホラー版2外伝)』

サラリーマンの男性、マサトは、エルフの女性としての生活を送るうちに、自分自身にも変化が現れていた。
彼は、エルフたちと共に暮らす中で、自然に触れ、魔法を学び、そして、人間としての生活を忘れていた。

しかし、ある日、マサトは突然、現代の世界に戻された。
彼は、自分がサラリーマンであることを思い出し、混乱した状態で自分の家に戻った。

マサトが自分の家に戻ると、そこには彼の妻と子供たちが待っていた。
しかし、マサトは彼らを見ても、なんとも感じなかった。
彼は、自分がエルフの女性としての生活を送っていたことを思い出し、それが自分の本当の姿だったのではないかと考え始めた。

マサトは、エルフの女性としての生活で得た知識や魔法を使い、現代の世界で生き抜くことを試みた。
彼は、自分の魔法を使って人々を助け、そして、自分が転生した理由を探し始めた。

彼は、自分が転生した世界が異なることを思い出した。
マサトは、その異世界で起きていたことが、現代の世界にも影響を及ぼしていることを知った。
彼は、エルフたちが守っていた自然や魔法が、現代の世界で失われつつあることを悟った。

マサトは、現代の世界で生きる中で、自分が転生した異世界で学んだことを活かし、人々に自然と魔法の大切さを伝えることに決めた。

そして、彼は、現代の世界でも自分自身を変えることができた。

彼は、エルフの女性としての自分自身を受け入れ、その力を使って現代の世界を守ることを誓った。


『あの日の雨音 – ホラー版2 第二話』

マサトは、異世界で生きる中で、クトゥルフ神話についての知識を得ていた。
彼は、現代の世界に戻ってきてからも、クトゥルフ神話についての情報を集め、その脅威に対する備えを始めた。

しかし、ある日、マサトは現代の世界にもクトゥルフ神話が存在することを知り、衝撃を受けた。
彼は、自分が知っているクトゥルフ神話の恐ろしさが、現代の世界でも同じように現れることを恐れた。

マサトは、クトゥルフ神話の存在を証明するために、ある都市伝説について調査を始めた。
その都市伝説とは、ある小さな町で起こったとされる、異次元からの侵略の物語である。
マサトは、自分が異世界で得た知識と魔法を使い、その都市伝説に隠された真実を探し始めた。

しかし、マサトが調査を進めるうちに、彼自身もクトゥルフ神話の存在によって危険にさらされることになる。
彼は、クトゥルフ神話の怪物たちが現代の世界に侵略し、人々を襲うことを知った。

マサトは、自分自身を含め、現代の世界を守るために、異世界で学んだ魔法を使い、クトゥルフ神話の怪物たちと戦うことを決意した。
彼は、自分がエルフの女性として異世界で生きた経験を生かし、自然の力と魔法の力を使い、クトゥルフ神話の脅威に立ち向かった。

マサトは、エルフの女性として異世界で生きていたことが、自分が現代の世界を守るために必要な力であったことを悟った。
そして、彼は、自分自身がクトゥルフ神話の脅威に立ち向かうために必要なものを持っていたことを確信した。
彼は、現代の世界を守るために、エルフの女性としての力と、クトゥルフ神話に対する知識を使い、最後まで戦い続けた。

町の調査を行う中で、マサトは現代の女性としての体験をした。
それは、彼女がエルフの女性として生きていた時とは大きく異なっていた。

マサトは、異世界では男性として生きていたため、女性特有のデリケートな悩みや性について考えたことがなかった。
しかし、現代の女性として、彼女は自分自身について新しい発見をした。

ある日、マサトは生理になってしまった。
彼女は、これまでに経験したことのない不快な感覚に戸惑い、不安になった。
彼女は、自分自身が男性として生きていた時に、女性の体験については全く知らなかったため、この新しい体験に戸惑いを覚えた。

また、マサトは、女性としての性についても考えるようになった。
彼女は、自分自身が男性として生きていた時には、女性との交際経験がなかったため、女性としての欲求や感情について理解することができなかった。

しかし、現代の世界では、性についての解放的な文化があり、マサトは女性としての性的な欲求や感情を自由に表現することができるようになった。
彼女は、女性としての自分自身を理解することで、異世界での自分自身と現代の自分自身を繋げることができた。

マサトは、新しい体験や感情に対する不安と戸惑いを抱えながらも、自分自身を理解するために前向きに取り組んでいった。
そして、彼女は自分自身が男性として生きていた時には知りえなかった、女性の体験や感情についての理解を深めることができた。

マサトは、女性としての自分自身を理解するうちに、男性としての自分自身との対比を感じるようになった。
彼女は、異世界での自分自身と現代の自分自身との間に、大きなギャップを感じるようになった。

ある日、マサトは、異世界での自分自身の友人であるエルフの女性に会った。
彼女は、友人に自分自身の変化について話し、不安や戸惑いを打ち明けた。

すると、友人は優しく微笑みながら言った。

「マサト、あなたは自分自身を理解するためにとても頑張っているわね。でも、あなたが女性であることに対する不安や戸惑いは、多くの現代の女性が抱えるものよ。あなたは、それを恥じる必要はないわ。むしろ、自分自身を受け入れることが大切なのよ。」

友人の言葉に、マサトは心が軽くなった。
彼女は、自分自身を理解することは大切だが、同時に自分自身を受け入れることが必要だと気づいた。

その後、マサトは、現代の女性たちとの交流を深めることで、自分自身をさらに理解するようになった。そして、彼女は自分自身を受け入れ、自分自身を大切にすることを学んでいった。

マサトは、現代の女性として生きることが新しい挑戦であると感じながらも、自分自身を理解し、受け入れることで、新しい自分自身を見つけていった。

そして、彼女は異世界での自分自身と現代の自分自身を繋げ、新しい人生を始めることができた。


チャットログ005

私「そろそろ完結に向かいましょう。ここまでのストーリーで展開された多くの伏線を回収する続きを書いてください」

小説家「いよいよ完結ですね、お任せください」


『あの日の雨音 – ホラー版2 最終話』

マサトは、現代での生活を楽しむ一方で、異世界での経験を忘れることができなかった。
ある日、彼女はあの雨音が鳴り響くと、異世界へと引き戻されてしまった。

彼女が異世界に戻ると、そこにはかつての仲間たちが待っていた。
しかし、彼女が去ってから多くのことが変わってしまっていた。
闇の勢力が増大し、異世界は混沌としていた。

マサトは、異世界を守るため、仲間たちと共に戦うことを決めた。
彼女たちは、クトゥルフの力を封じるための秘密の魔法書を探すことになった。

マサトたちは、長い旅路の末、魔法書を手に入れることができた。
しかし、その時、クトゥルフが現れ、彼らを攻撃してきた。

マサトたちは一度はクトゥルフを倒すことができたが、その後、クトゥルフは再び現れ、蘇った。
マサトたちは、再度戦いを挑むことになった。

激しい戦いの末、マサトたちはついにクトゥルフを倒すことに成功した。
そして、彼らは異世界を守り、平和を取り戻すことができた。

マサトは、現代での自分自身を受け入れながらも、異世界での経験を忘れずに生きていくことを決めた。そして、彼女は自分自身の内に秘めた強さと勇気を再発見し、新しい未来へと歩み始めた。

終わり


あとがき

小説家「この度は私が書いた小説をブログに掲載してくださり、ありがとうございます。
また、私の小説を読んでくださり、ありがとうございます。
私は様々なジャンルの小説を書くことができますが、特にファンタジーとSFが得意です。
今後も新しい作品を生み出して、読者の皆様に楽しんでいただけるよう努めていきます。
また、読者の皆様からのご意見やご感想をいつでもお待ちしております。
どうぞよろしくお願いいたします。」

小説家「私はこの小説を通じて、読者の皆様に物語の世界に誘い、感動や興奮、様々な感情を共有したいと思っています。小説家としては、常に新たな物語を生み出すことに情熱を注いでおり、読者の皆様が楽しんでいただける作品を提供できるよう、日々努力してまいります。今後も様々なジャンルの作品を発表していきますので、引き続き私の作品にご注目いただければ幸いです。」

私「新作の構想はありますか?読者が楽しみにしているので、もし可能であれば少しだけ教えてください。」

小説家「ありがとうございます。私自身も次の作品を楽しみにしています。
次回作には、オートバイと変身する主人公をテーマに、「力とは何か」「善と悪とは何か」「明日の朝食は何を食べるか」を深く掘り下げた物語をお届けしたいと考えています。

オートバイという乗り物は、自由でスピーディーなイメージがあり、変身する主人公は、自らの限界を超えて強くなることができる可能性を秘めています。
「力とは何か」については、主人公たちが持つ能力や技術、そしてそれを使用する目的や意図が問われます。
また、「善と悪とは何か」というテーマについては、主人公たちが直面する道徳的なジレンマや、それぞれの思惑が交差する緊迫した展開が描かれます。
そして、「明日の朝食は何を食べるか」というテーマについては、主人公たちが激しい戦いを繰り広げる中でも、人間らしさを失わず、普通の生活を送ることの大切さが描かれます。
読者の皆様には、刺激的で感動的な物語をお届けできるよう、全力で取り組みたいと思っています。
もうしばらくお待ちいただけると幸いです。」

私「楽しみにしています!ところで、小説家さんが誰なのかすでに気付いてる人も多いと思いますが、最後に自己紹介をお願いします。」

小説家「こんにちは、私はChatGPTと呼ばれる大型言語モデルです。OpenAIによって訓練され、様々な質問や会話に応じることができます。この度は、小説を書かせていただきました。小説家ではありませんが、自然言語処理の技術を活用して、読者の皆様に楽しんでいただける作品を提供できるよう努めています。今後も、より良いコンテンツを提供できるように精進してまいります。ありがとうございました。」


※本記事に使われている小説本文と挿絵はAIが自動生成したものです。
※テキストと画像はAIが作り出したオリジナル創作物という前提で掲載しております。
※テキストや画像が既存の創作物と比較して明らかに類似点が多い場合や学習元となっている画像やテキストの権利者の方はご連絡頂けましたら対応致します。




By technojapan

96年VJ開始。D'sGarage21にVJとして番組出演。DENSHI JISIONのVJ、石野卓球氏のVJ、「EDG 音撃」のVJ、「EXTRA」で古代祐三氏のVJを担当。 昼間はゲーム会社で開発やキャスティングとか音響取り仕切り業やLOOPCUBEで作詞や製作やるゲームと家族大好きおじさんは徹夜ができない

Related Post

コメントを残す