2023年11月23日に開催された「レトロゲームサミット(#レゲット)」というイベントにサークル参加をしました。

レトロゲームサミットとは

  1. レトロゲーム・マイナーゲームの即売会(ファン同人誌や制作物、企業出展)
  2. レトロゲームのコスプレを楽しめる
  3. 当イベントならではのスペシャルイベント

上記3つを全力で楽しむレトロゲームのことが好きな人のイベントです。

私が参加しているサークル「LOOPCUBE」としてブース出展して、アーケードゲームに関する本を製作、頒布しました。

参加表明の告知画像です。

これまでこのブログに書いてきた「家をゲーセンにはできないけど 家でアーケードゲームを遊びたい!!」カテゴリの記事のまとめを中心に、新規情報などを追加した本「家をゲーセンにはできないけど 家でアーケードゲームを遊びたい!!」を作成しました。

全102ページに14項目のアーケードゲームを家で気軽に遊ぶ方法と、アーケードゲームを家で楽しんでいる”基板先輩”にお話を伺い基板や筐体を見せてもらったインタビューコーナーで構成されている本です。

旅行用のカートいっぱいに刷り上がった本の在庫を持っていきましたが、おかげさまでイベント開始90分程で完売してしまいました。

会場に持ち込めなかった一部をBEEP様にお願いしておりますので、近日販売を予定しています。

milktub製「ゲーセンバッグ」をカスタマイズしたものを展示していました。

ゲーセンバッグとは、正式名称「Arcade Cabinet Backpack」というリュックサックです。

アーケードゲーム筐体を模した形状に三和電子の本物レバーとボタンが付いていて、コレはもちろんレバーとボタンが機能します。

タブレットPCをモニタ部分に装着するといつでもゲームができるというコンセプトですが、僕はここに業務用ネオジオ「MVS」を仕込んで、本当にアーケードゲームが遊べるバッグにカスタマイズした状態を展示していました。

モニタは「15Khz/31Khz対応4:3比率の9.7インチ液晶モニタはアーケードゲームの基板や旧世代PCがコンバータ無しで映る!」の記事で紹介した液晶を使っています。

MVS基板との接続には「自宅でアーケード基板をPS/Xbox用アケコンで遊ぶお手軽環境[CBoxUSB]」の記事で紹介したコントロールボックスを使用しています。

コントロールパネル部分はラズベリーパイpicoを用いたコントローラ基板「GP2040-CE」に換装して様々なゲームハードに対応したマルチで低遅延コントローラに改造しました。


ロゴシール販売中です!

レトロゲームサミットで頒布した「『家をゲーセンにはできないけど家でアーケードゲームを遊びたい』ロゴステッカー」を通販サイトboothにて販売しております。

また、イベントで完売した本『家をゲーセンにはできないけど家でアーケードゲームを遊びたい』のPDF体験版を無料公開していますので、こちらも是非お楽しみください。

今後boothで本の販売も予定しています。

リンク:LOOPCUBE/TECHNOJAPAN.store




コメントを残す