自己紹介


H/de.(LOOPCUBE)

1992年、電気グルーヴのカヴァーバンド「超合金」として札幌で活動開始。
その後YMOの再生(活動再開)を一方的に祝うカヴァーバンド『(YMO)』、ゲームミュージックの独自解釈と解体によるremix専門ユニット「Circuit Service」、現役女子高生ヴォーカリストを据えた「TRyAnGLE」などに参加。

1996年よりVHSビデオデッキとゲーム機を使ったアナログスタイルでVJを開始し、翌年PlayStation専用ソフト「DEPTH」を使ったパフォーマンスを行ったことがきっかけでリアルタイムなビジュアル表現に開眼。
時を同じくして各種PC向けVJソフトが発売され世は正に群雄割拠のVJブーム!

様々な模索をする中、2000年より現在主流のPCを主軸にしたVJに移行直後に「日本最大のDJ/VJイベント」と銘打った全国クラブツアーイベント『FUSE JAPAN TOUR2000inSAPPORO』に「地元VJ」として出演。
さらにクリエイター支援番組「D’s Garage21」主催イベント「hypernation」では「VJクリエイター」としてテレビ出演。「FM NORTH WAVE MIX2000 “& BEYOND”」では来札した石野卓球氏のVJを担当しカヴァーバンド出身者としての念願を果たしイベント終了と共に死亡。

2001年より上京しLOOPCUBEとして本格的に活動を開始。
ビデオゲーム向けの音楽プロデュース、キャスティング、作詞、自身や佐野信義(a.k.a. 佐野電磁)氏のCDジャケットデザインなどを手掛ける。
上京後もVJとして 「電子万博」「電脳マニアックス」「LINEAR」「EXTRA – HYPER GAME MUSIC EVENT」「EDG 音撃 -EDM IS GAME-」などに出演しBETTA FLASH、古代祐三氏のVJを担当する他、筑波の理系バンド「DENSHI JISION」VJとしてライブに出演。キラキラできないメランコリックヒップホップアイドル「韻ふめ!どーぷちゃん」のメジャーデビュー発表ライブにVJとして参加。

(iFLYER :H/de.ページより引用)


VJ、デザイン、ゲームやCDのキャスティング、作詞、楽曲プロデュース、その他お仕事についてのご相談は下記メールアドレス宛、もしくはTwitterアカウントへDMお願い致します。

H/de.@LOOPCUBE foriioページ

email<hide(at)technojapan.net>
※(at)を@に変更してください。

Twitter:< @hide_loopcube >

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。