MacBookProもフルスピード充電できる「Anker PowerPort Atom III 45W Slim」

USB-Cタイプの小型充電器「Anker PowerPort Atom III Slim」の45W版が発売されたので購入しました。
※見た目がコンパクトでモバイルバッテリーのようにも見えますが、バッテリー機能はありません。コンセントに挿している時だけ使える「充電器」です。

MacBook Pro (13-inch, 2019, Thunderbolt 3ポートx 2)の持出し用のアダプターとして、これまでもAnker PowerPort Atom III Slimの30W版を使っていました。
30W版でもApple純正61Wのアダプタに比べるとゆっくりですが充電しながら動作できたのですが、Macbookのファンが回り出す程度の少しパワーのある作業を行うと充電が追いつかない状態になっていました。
(VJをする際は30W版を接続していてもゆっくり電池が消費していたので、その時だけは純正を持ち出していました(重い))
移動先で使う持出し用だし、何より小さくて便利なのでこれでいいかなと思っていましたが今回30W→45Wにパワーアップした新型が出たということで飛びつきました。

Anker PowerPort Atom III 45W Slim

仕様
サイズ:約84 x 50 x 20mm
重さ:約85g
入力:100 – 240V〜1.5A 50 – 60Hz
出力:5V = 2.4A / 9V = 3A / 15V = 3A / 20V = 2.25A

左上がAnker PowerPort Atom III Slim (PD対応 30W USB-C)
左下が今回購入したAnker PowerPort Atom III 45W Slim (PD対応 USB-C)
右側がApple純正の61W USB-C電源アダプタです。

PowerPort Atom IIIの45Wは30Wに比べて大きさも厚みも1回りサイズアップしています。

厚さの比較です。
左が30W、右が45Wです。
※左の水色のスマホはJelly Pro、右にあるのはRaspberry Pi4です。


メーカー公称で「MacbookPro 15インチが2.5時間でフル充電出来る」というだけあって、65%位でこのエントリー書き始めて数十分、今みたら99%になっていました。

30Wの方もGPD Pocket用やタブレット用など他のUSB-C接続する端末のアダプタとして活躍してもらいます。

価格も2,000円代で、サイズも値段もApple純正の半分以下ですが、とても頼りになるアイテムです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です