ラズベリーパイ内蔵ゲームボーイ改造キット「GameBoy Zero EZ-GBZ DIY Kit」発売開始

ゲームボーイの中にRaspberry Piを内蔵する改造「GAME BOY ZERO」用のパーツ販売や3Dプリントサービスを行っているRenegade lab(レネゲードラボ)が「はんだ作業一切無し」の簡単組立をウリにした改造キット「GameBoy Zero EZ-GBZ DIY Kit」の販売を開始しました。
価格は基本セットで100カナダドル、日本への発送も可能で送料は60カナダドルですので合計13000円前後で購入できます。
ゲームボーイゼロ完成品が3万円近くで販売されていることを考えるともちろん自分で組み立てる労力はかかりますが破格です。

※カナダドルは米ドルよりもレートが低いので、この記事時点で1カナダドル=82円です。

先日発売されたretroflagのGPi Caseはあくまでも「レトロパイケース」のカテゴリとして、ラズパイを入れればほぼオッケーな商品でしたが、これは簡単組立とは言え、基礎的な電子工作程度の知識は必要そうです。

ゲームボーイ本体の外装はグレー、黒、白、黄、赤、ティール(エメラルドグリーン)、半透明黒、半透明オレンジ、半透明赤、半透明青、半透明緑、半透明から選べます。
ボタンもSNES風紫、スーファミ風マルチカラー、ゲームボーイ風赤、他各種選べます。
カートリッジもグレー、黄色、半透明各種が選べます。
正面ボタンも4ボタンか6ボタンから選択できます。格闘ゲームをメインに遊びたいなら6ボタンが良さそうです。

内蔵できるラズベリーパイはZEROか3Aの二種で、それぞれ追加料金でラズパイ付きも選べます。(ラズパイ別売りの場合は専用ケーブルのみ付属)

マイクロSDカードは16GBに基本イメージがインストール済で付属します。
追加料金で256GBまでアップグレード可能ですが、追加課金無しの16GBを選択して、国内で大容量のものを用意すれば良いと思います。

バッテリーも標準で1~2時間程度稼働の2000mahですが、追加課金で倍容量のものが選べます。

手作業でキットを作っているようで注文から発送まで4~6週間程度かかるようです。
カナダからの発送なので、さらに到着まで時間がかかると思うので、ほしい人は気持ちに余裕をもってオーダーをしたほうが良さそうですね。


「EZ-GBZ Kits」商品内容
・イメージインストール済16GBMicroSDカード(大容量メディアにアップグレード可能)
・追加ボタン穴開けなどの加工済のゲームボーイ外装(色選択可能)
・ゲームカートリッジ外装(色選択可能)
・正面&裏ボタン(色選択可能)
・ボタンスペーサー(ゲームボーイに本来無いボタンの位置に使用)
・ゴリラガラス製スクリーンカバー
・DMGスピーカー
・2000mahバッテリー (4000mahにアップグレード可能)
・ネジ一式
・カセットラベル(シール)
・JST圧着コネクタ付き配線一式
・USBアダプタージャック
・EZ-GBZメイン基板
・ZIFコネクターを内蔵した3.2インチSPI高解像度液晶
・3Dプリントで出力されたスクリーンブラケット
・背面L&Rボタンとボタン用ブラケット(3Dプリンタで出力されたもの)
・正面6ボタン、4ボタン選択可能(A、B、C、X、Y、Z)
・2つの背面ボタン(L1、R2)

「EZ-GBZ Kits」機能
・安全なシャットダウンハードウェアとシーケンス
・バッテリーモニターハードウェア&インジケーター
・PCBに組み込まれたUSBポート
・統合制御パッド
・統合型増幅オーディオ、フィルタリング、およびオーディオジャック
・内蔵ボリュームポテンショメータ
・内蔵コントラストメータ
・内蔵電源スイッチ
・統合型パワーブースト
・一体型バレルジャック

リンク:Renegade labs [GameBoy Zero EZ-GBZ DIY Kit]通販ページ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です