ゲーム筐体「Portable Cabinet」を作ろう

「いつかは自宅にアーケードゲーム筐体を」という夢は以前から持っていて、仕事でもアーケード筐体に触れる機会も多い事から、買ってしまえば何とかなると思いつつも、筐体のあの大きさとあの重さ、都内在住の住宅事情を考えると……どうしても現実的ではないので、購入一歩手前まで行っては「購入」ボタンを押せないまま終わる日々が続いていました。

そんな中、国内や海外で小型のアーケード筐体(Arcade Cabinet)をDIYするのがちょっとした流行になっている事を知り、色々調べる中で見つけた「Picade」というRaspberry Piを使ったエミュレータ筐体のキットを見付け、アーケード筐体購入は無理でもコレを購入して組み立てたくなりました。
※「Picade」は国内のショップでも取り扱いがあり、25,000円前後で購入可能です。

キット購入前に情報を漁っていると、以前ダライアスの筐体を自作していたHidecade氏が自身のブログ「Arcade Cabinet」で小型筐体「Portable Cabinet」を製作している記事に辿り着きました。
ラズベリーパイかレトロフリーク本体を入れる仕様になっていて、さらになんと図面まで公開されていたのでダウンロードして「Picade」ではなく、こちらを作ろう!と決めました。

ーー
関連
『ダライアス』自作筐体が完成!製作者にインタビュー「写真を見て目コピーしました」
ーー

これから数回に分けて製作状況を書いて行こうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です